大田区蒲田・雑色の高血圧治療ならヨコヤマクリニックへ

高血圧
内科・外科 眼科
mobile ヨコヤマクリニックの歴史

高血圧とは

血液が血管の中を通るとき、血管にかかる圧力のことを「血圧」といいます。

心臓は、ポンプのように毎分60~70回くらい、血液を血管へと押し出しています。
ご想像がつくように、心臓が収縮して血液を押し出した時に、血管にはいちばん強く圧力がかかります。
これが最高血圧といわれるものです。
そして、収縮した後に心臓が広がる時に、圧力がいちばん低くなります。
これが最低血圧です。

最高血圧と最低血圧のどちらが高くても、「高血圧」と診断されます。

高血圧と心臓病や脳卒中との関連とは

「血圧が高い」と言われても、自覚症状もないためになかなか受診されない患者様は多くおられます。

液体である血液を体のすみずみに送るためのポンプが心臓であり、送るためのホースが動脈です。
ホースの中でどのくらいの水圧がかかっているかを表したのが、いわゆる「血圧」です。

「血圧が高い」ということは、肥満などにより1回の心拍動で送り出さなければならない血液量が増えてしまっていたり、動脈が硬くなったり詰まり気味になってしまっているということを意味しているのです。

また高脂血症や糖尿病では、動脈硬化が進行し、高血圧も起こりやすくなります。

高い血圧を出さなければならないポンプは当然早く痛んでしまいます。
また心不全の原因になり、高い血圧を受けた血管も早く傷みます。
傷んだホース(動脈)に高い血圧が加われば、亀裂が入って血が漏れてしまいます。
その亀裂が脳で起これば脳出血(脳卒中)となるのです。また、高血圧は眼底出血の原因にもなります。

以上のことからも高血圧は放置しておかずに、早めにかかりつけ医を受診されることをお勧めします。

高血圧の原因は

高血圧の9割以上が原因のはっきりしない「本態性高血圧」です。

高血圧の方の家族には高血圧の方が多いことや高血圧の方の子供が高血圧になりやすいことから、高血圧が起こる原因には遺伝が関係していると考えられています。

ただし、遺伝的な要素を持つ方が必ずしも高血圧になるということではなく、 高血圧になりやすい体質ではなくても、生活習慣によっては高血圧になる可能性が高くなります。

遺伝を含む体質と、塩分のとりすぎや脂質の摂りすぎ、運動不足、肥満、ストレス、アルコール、喫煙などの生活習慣も高血圧の原因となります。

高血圧の症状とは

高血圧では自覚症状ほとんどありません。
そのため、定期的に血圧を測っていないと、高血圧を発見することは難しいといえます。
そのために定期的な健康診断が必要ともいえます。

また、定期健診で高血圧を早期に発見できても、自覚症状がないからと放置される方もおられます。
高血圧は放置すると、動脈硬化を引き起こして、虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)そして脳卒中などの発作を起こすおそれもありますので、特に注意が必要です。

高血圧の治療法

高血圧治療の目的は

  • 血圧を下げることにより、心臓や血管の病気を防ぐこと
  • さらに重篤な虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)や脳卒中を防ぐこと

にあります。

高血圧だと診断されたら、自覚症状がないから平気だなどとも思わずに、早く治療を始めることをお勧めします。
高血圧と同時に、すでに糖尿病や脂質異常症、肥満など、心血管病の多くのリスクをもっている人は、治療を受ければより大きな効果が得られます。

また軽症の人であれば、すぐに治療を始めることにより薬を使わずに血圧を下げることもできます。

高血圧にならないために

高血圧を予防するには、日常の食生活や適度な運動など日ごろの生活習慣が重要です。
また、高血圧と肥満には密接な関係があります。

肥満により血液中の脂肪・コレステロールが増え、コレステロールが血管壁内に蓄積し、血管が硬くなります。いわゆる動脈硬化です。
そして血管の内腔が狭くなり、血圧が高くなってしまうのです。
ぜひ肥満にならないよう気をつけましょう。

またタバコのニコチンや一酸化炭素は動脈硬化を進行させ血圧を高めるます。
そこで禁煙することもお勧めします。

さらに飲酒も毎日となると、高血圧となるリスクを高めるといわれているので、禁酒する日を設けるか、飲酒量を減らしていくように心がけましょう。

医院概要

医院名 ヨコヤマ クリニック
住所 〒144-0055
東京都大田区仲六郷1-56-10
電話番号 03-3733-4771
最寄り駅 京急蒲田駅、雑色駅、糀谷駅より
徒歩10分

JR蒲田駅東口より徒歩15分

バス5分、南蒲田二丁目下車

» 詳しくはこちら

内科・外科


眼科

※ 受付は終了時間の30分前までです。 木・日・祝 休診