大田区蒲田・雑色の内視鏡検査(胃カメラ)ヨコヤマクリニック

内視鏡内科
内科・外科 眼科
mobile ヨコヤマクリニックの歴史

食道・胃内視鏡検査とは

食道・胃内視鏡検査(いわゆる胃カメラ検査)は胃癌をはじめとした食道や胃の病気を調べるのに有効な検査です。

内視鏡の先端についている超小型のカメラで食道や胃の様子を画面に映し出して検査を行います。
ヨコヤマクリニックでは、今までの経験を生かし丁寧でやさしい胃カメラ検査を行っていきます。

胃カメラ検査でわかる病気

胃がんや食道がん、十二指腸がんといった悪性腫瘍などの他に、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、急性胃炎、慢性胃炎、胃ポリープ、十二指腸ポリープ、逆流性食道炎といった病気の診断が可能です。

こんな症状の際に胃カメラ検査をお勧めします

  • 胸やけ
  • げっぷ
  • 胃もたれ
  • 胃痛
  • 吐き気
  • 食欲低下 など

胃カメラ検査の流れ

胃カメラ検査は、まずは一度外来を受診して頂き、検査日時をご予約いただいた上で、後日検査を受けていただくことになります。

検査前日

検査の前日の食事制限は特にありません。
ただし21時以降の食事はできません。水分の摂取は可能です。

検査当日

検査の前日の食事制限は特にありません。
検査当日は朝より絶食ですが、水分の摂取は可能です。

いよいよ検査開始

来院後、胃の中をきれいにするために、薬の入ったお水を飲んでいただきます。
スプレーでのどに麻酔薬を噴霧します。
次に胃の動きを止める注射をし、希望により鎮静剤を使用します。
内視鏡を喉より挿入し、食道や胃、十二指腸等観察します。
検査時間は5分〜10分前後です。
必要に応じて組織検査をすることがあります。

ピロリ菌検査

ピロリ菌とはヘリコバクター・ピロリとも言われ、胃の粘液中にいるらせん状の細菌です。近年の研究より、胃潰瘍など胃の病気に深く関わっていることが判明しております。

胃の中は強い酸となっており、この胃酸の中に細菌はいないと思われていました。ところが、このピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ)は、強い胃酸の中でも生きることができ、胃へ悪影響を及ぼし、潰瘍を再発させたりします。

除去が望ましいヘリコバクター・ピロリに関しても、内視鏡検査時に行うことができますので、ご要望の方はお気軽にご相談ください。

医院概要

医院名 ヨコヤマ クリニック
住所 〒144-0055
東京都大田区仲六郷1-56-10
電話番号 03-3733-4771
最寄り駅 京急蒲田駅、雑色駅、糀谷駅より
徒歩10分

JR蒲田駅東口より徒歩15分

バス5分、南蒲田二丁目下車

» 詳しくはこちら

内科・外科


眼科

※ 受付は終了時間の30分前までです。 木・日・祝 休診